Language Exchangeで無料Skype英会話!

1 件のコメント

最近はSkype英会話サービスの普及により、かつてに比べると英会話学習のコストが劇的に低くなっていますが、その一方で、多くのSkype英会話サービスではレッスン時間が比較的短く設定されており、毎日英語を話したい、もっと長時間話したいという場合にはまだまだそれなりのコストがかかるというのも事実です。

もっと英会話をしたい方にLanguage Exchangeがおすすめ

この記事ではそんな「もっと英語を話したい!」という方のためにLanguage Exchange というコンセプトを紹介したいと思います。Language Exchangeとは外国語の学習者同士が互いに言語を教えあうというもので、例えば日本語を勉強したいアメリカ人と英語を勉強したい日本人がペアになって英語と日本語を教えあうというようなものです。Language Exchange自体は全く新しい考え方ではないですが、昨今ではより効果的にLanguage Exchangeを行うためのWebサービスやアプリが登場しており、Language Exchangeのあり方も少しずつ変わってきています。これらのサービスをうまく使うことで毎日無料でSkype英会話ができる環境を生み出すことも可能です。

iTalki
こちらのサービスはオンライン外国語学習のマーケットプレイスで、一般個人による外国語のオンラインレッスンが幅広く掲載されています。非常に色々な機能があるサイトなのですが、「Community」というタブのなかにある「ランゲージパートナー」というページでLanguage Exchangeのパートナーを探すページにたどり着くことができます。このページで「話す言葉」を英語、「勉強している言語」を日本語と設定して検索すれば、日本語を勉強しているEnglish Speakerを見つけてコンタクトをとることができます。まずはテキストでのコミュニケーションになりますが、お互いスピーキング力の上達を希望するようであれば、Skypeレッスンにチャレンジしてみましょう。

Hello Talk
こちらはスマートフォンのLanguage Exchane アプリです。italki同様にいくつかの条件を設定して、自分にあったパートナーを見つけることができます。アプリ上では基本的にテキストチャットでのコミュニケーションを行うことになりますが、自己紹介文を見ていくと、テキストチャットだけでなくSkypeでの会話をしたいという人も多くいますので、そういった人をみつけることで英会話学習の機会をつくることができます。

Language Exchangeのデメリット

Language Exchangeサービスは、うまく使えば無料で英会話学習ができる素晴らしいツールですが、一方で以下のようなデメリットもあります。
・無料であるということで本気度が低い人も多い(急に連絡が取れなくなるなど)
・お互いプロの教育者ではないため、いざ会話をはじめると話が続かない(共通の話題がない、何から教えていいのかわからない)
・英語を教えてもらうかわりに、日本語を教えなくてはいけないのでそのための時間がとられる(日本語を教える中で英語を学べるというメリットもありますが)

Language Exchangeサービスにチャレンジしてみようという方は、このあたりのデメリットも勘案した上で、うまい付き合い方をみつけて見て頂ければと思います。


MBA情報サイト みんなのMBA でMBA関連情報をチェック!

みんなのMBA-MBA留学ブログをRSSで購読する

にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ ブログランキングならblogram
クリックして応援してもらえると幸いです!

1 件のコメント :

コメントを投稿